2018年04月15日

サカナクションのベストアルバム「魚図鑑」を買いました!

・スポンサーリンク




先月末サカナクションのベストアルバムが出るというので、早速Amazonで予約購入しました。


今もそのアルバムを聴きながら、この記事を書いています。


サカナクションを知ったのは友達がアルクアラウンドを好きだというmixi(今はやっていません)を読んで、
何だろうを思ってユーチューブで聞いてみたら、歌詞が面白く、かっこいいメロディーで、映像も面白かったので、すぐ気に入り、何回もアルクアラウンドのミュージックビデオを見ました。


それからサカナクションの事が気になるようになり、ドラマの主題歌に使われたりして、比較的耳にするようになってもきました。


ただアルバムを買ったり、コンサートに行く事は無く、今回初めてベストアルバムが出るという事でアルバムを買いました。


ちなみに私が行った事があるコンサートは、小学校の時に家族で市民会館に見に行った吉幾三コンサートが最初で最後です。


そのコンサートは吉さんのトークがとっても面白かったので、楽しい記憶として残っています。


でもそんな人生でいいんでしょうか?


コンサートはチケットも高いし、行くのはなかなかハードルが高いです。


でも僕には好きな歌手はいて、槇原敬之、中島美嘉、YUKIはアルバムを買ったり、コンサートのDVDを買ったことがあります。


特に中島美嘉は2009年の東京国際フォーラムのコンサートのDVDを未だに疲れたときに見て、力をもらう事があります。


でもコンサートには行った事はありません。


ましてやサカナクションは今回初めてCDを買いました。


こんな時によく考えるのが、果たして僕はサカナクションのファンと言っていいのだろうか、という事です。


ファンというと、毎回コンサートに行っていて、グッズも持っていて、という人しか名乗ってはいけないのではないかと考えてしまいます。


しかしそれはコアなファンであって、僕のような今までCD持っていないし、コンサートに行った事がない人間でも、サカナクションが好きなら、堂々とファンと名乗ってもいいんじゃないでしょうか。


名乗っちゃだめだよ、と言われたこともありませんが(まだ自分からファンと言った事もありません)、
コアなファンの人と自分を比較すると、軽々しくファンと名乗ってはいけないんじゃないだろうか、という思いが湧いて来ます。


でもその歌手を好きなことがファンだとすれば、程度の差は人それぞれあり、同じ人もいないはずなので、自分が自信を持ってその歌手を好きだと言えるのであれば、それは堂々とファンを名乗っていいんだと僕は思います。


そんな考察の結果、僕はサカナクションのファンと名乗りたいと思います。


いつかコンサートにも行ってみたいですね。


アルバムは聞いたこともない曲も入っていますが、そこはサカナクションなので、良い曲です。


僕が好きなのはネイティブダンサーとアイデンティティです。


しばらくはこのアルバムを聴き続けると思います。

・Amazonでアルバムを見る


・楽天でアルバムを見る
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魚図鑑 (初回限定盤 2CD+魚図鑑+DVD) [ サカナクション ]
価格:4073円(税込、送料無料) (2018/4/15時点)





本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。


・スポンサーリンク




posted by たあ at 21:57| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法人税法映像通学の第23回・第24回の講義を受けてきました!

・スポンサーリンク




4月に入り、年度の初めではあるものの、少しは落ち着くと思っていましたが、あまり落ち着かず、少しはましになったものの忙しい日々を送っています。


それでも土日に出勤するほどの忙しさではなく、継続して土曜日の映像通学には通えています。


よく考えると今年は法人税法4年目というのもありますが、毎週休むことなく授業を受けられているから、今までと比べて比較的理解が進んでいる実感を得られているのかもしれません。


この調子であと4か月間頑張りたいと思います!


もう少し平日の勉強を増やさないといけませんが。。。


授業の方は、先週土曜日4/7に法人税法映像通学の第23回・第24回の講義を受けてきました!


23回が第3回の確認テスト、24回は連結納税でした。

●授業の内容

確認テストは、理論が欠損金、計算は合併の総合問題でした。


理論は完全に爆死で、下手したら10点も行っていないかもしれません。。


欠損金、苦手なのはありますが、そんなことも言っていられないので、テキストをよく読んで理解したいと思います。


一方で計算は、合併という事で2社分の計算が必要になり、難しかったですが、自己採点では何とか31点と30点台は取れたようです!


減価償却の計算で被合併法人の償却率を普通に計算してしまいましたが、これは1年未満の事業年度の計算が必要でした。。


この論点は覚えてはいたんですが、合併法人か被合併法人かどっちだったかなあと、分からなくなり、確か合併法人だったよなと思い、その通り計算したんですが、逆でした。


新設法人が同じような計算だったから、確かそうだろうと合併法人の計算をしたんですが、よく考えたら、合併法人はもともとある法人に別の法人が合併するので、新設法人とは違いました。。


今回の間違いをいい糧にして、合併の計算を覚えたいとおもいます。


このように結構致命的な間違いをしたので、こりゃあひどい点になるかなあと思っていたんですが、他の所で点が確保できたので、30点台を取れました(まだ返却されていないので、確定ではありませんが)。


例年はこの問題であれば18点、とかだったと思いますが、今年は良い調子です!


この調子が落ちないように、頑張って勉強を進めたいと思います。


24回は連結納税でした。


連結納税は今までほとんどやっていなかったと思うので、新鮮でしたが、午前中のテストの疲れで、気づいたら寝てしまっているという事が多かったです。。。


今まで理論しか試験には出ていないとのことですが、計算も出ないとも限りませんので、しっかり解けるようにしたいと思います。


本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。


・スポンサーリンク




posted by たあ at 11:28| 千葉 ☔| Comment(0) | 税理士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョンソンエンドジョンソンから今年最初の配当がありました!

・スポンサーリンク




3月の配当の報告シリーズの続きです。


配当の会社が多く、こちらの仕事が忙しく、更新が追いつきません。。うれしい悲鳴。


次は7社目のジョンソンエンドジョンソン(以下JNJ)です。


JNJは3月13日に配当が確定し、支払いは3月19日にありました。


JNJはアメリカの医薬品会社です。日本でもよくCMをしているので、日本での認知度も高いと思います。


私の中でJNJというとバンドエイドがすぐ思い浮かびます。



 ・JNJのHP:https://www.jnj.com/


JNJからの配当は以下の通りです。


■JNJからの配当

 ・所有株式数            15株
 ・現在の株価       130.62ドル
 ・一株当たりの配当金額    0.84ドル
 (前回17年12月と同額)
 ・配当額(課税前)      1,327円(1ドル=105.37円で換算)
 ・配当利回り(課税前)     2.53%
 ・配当額(課税後)        956円
 ・配当利回り(課税後)     1.83%

 ・今までの累計配当額 3,943円(2017年6月から過去4回分の税引き後配当。)


・外国証券権利配当等案内書

JNJ 201803配当.png

・スポンサーリンク




JNJは55年連続増配しているそうで、すごい会社です。
以下JNJのホームページより。

JNJ配当金履歴.png

次回6月の配当ではまた増配されることを期待します。


ただ株価が130ドルと高いので、最初に15株を買ってから、その後の追加購入は出来ていません。


安心して保有していられる会社なので、買い増ししたいと思いつつ、なかなか手が出ず。。


ここ1年間の株価が最高値が148.32ドル、最安値が120.95ドルとなっています。


最高値からは下がっていますが、もともとが高いので、どうしても他の安い株を買っちゃいます。


でもたまに考えるのですが、株価が高いと利回りが下がり、低いと利回りが上がりますが、最後の配当金はその掛け算になるので、結局はあんまり変わらないのではないかと。


そうするとJNJのように利回りが少し低いけど、安定した会社の株を買った方が、長い目で見るといいのではないかと考えることがあります。


自分の中での結論は出ていないんですが、今後の事を考えるとそのあたりはしっかり考えた方がいいのかなあと思っています。


JNJの話に戻ります。


売り上げが2014年度の740億ドルから2015年は700億ドルと下がりましたが、そこから2年続けて上がり、2017年度は765億ドルとなりました。


成熟した企業なので、今後の大幅な拡大というのは難しいと思いますが、現在の安定した地位を維持していけば、配当も安定して継続するはずなので、今後もJNJの動きを見守っていこうと思います。


本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。


・スポンサーリンク





・スポンサーリンク
posted by たあ at 07:29| 千葉 ☔| Comment(0) | アメリカ高配当株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
人気記事
    最近のコメント
    スポンサーリンク