2018年10月01日

楽天証券でのJリートと投資信託の購入について

・スポンサーリンク





どうも、土日でぐっすり寝て、体力が回復し、今週も何とか頑張れそうなたあです。


今日は楽天証券で購入したJリートと投資信託について書きます。


前回楽天証券の口座を開設したことについて書いた記事はこちらから。


楽天証券の口座を開設して、まず10万円を口座に入れて、何を買うか考えました。


楽天証券は、投資信託の購入に楽天ポイントが使えるので、何かいい投信がないかなあというのと、Jリートを今はいちごのホテルリートをSBI証券で持っていますが、順調に行っているので、他にも何かいいのがあれば買いたいなあと考えていました。


そんな中で投資信託について、リートの投資信託で毎月分配型の投信がありましたので、その中で下記3種類買ってみました。


1.ニッセイ世界リートオープン(毎月決算型)
2.フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)
3.明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)(リート王)


ニッセイ世界リートオープンの投資方針は、主として、『「適格機関投資家私募 アライアンス・バーンスタイン・コクサイ・リート・ファンド」を通じて、世界各国(日本除く)の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含む)されている不動産投資信託証券に実質的な投資を行う。実質的な組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。』、とのことで、これを買うと世界各国の不動産に投資していることになります。


フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)の投資方針は、『「フィデリティ・USリート・マザーファンド」への投資を通じて、主として米国の取引所に上場(これに準じるものを含む)されている不動産投資信託(REIT)に投資を行う。FTSE NAREIT Equity REITs インデックス(税引前配当金込/円ベース指数)をベンチマークとする。実質外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。』、とのことで、これを買うとアメリカの不動産に投資していることになります。


明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)(リート王)の投資方針は、『「明治安田J-REITマザーファンド」及び日本国債を主要投資対象とする。主として、マザーファンドへの投資を通じて国内金融商品取引所に上場(それに準ずるものを含む)されている不動産投資信託証券への投資を行う。リスグ制の観点からイールドスプレッド等の変動に応じてマザーファンドの組入比率を調整。リートの投資配分を低下させた部分については日本国債に配分する。』、とのことで、これを買うと日本の不動産に投資していることになります。


上記のように、3種類で世界・アメリカ・日本の不動産に投資し、リスク分散を考えています。


直接不動産に投資するのは元手もかなりかかりますので、これなら気軽に不動産へ投資が出来ます。


しかもそれぞれ毎月分配型の投信なので、毎月分配金があります(当たり前ですが・・・)。


ニッセイは基準価額6,400円に対し毎月120円、毎月フィデリティは基準価額3,700円に対し毎月35円、明治安田は基準価額11,000円に対し、毎月200円の分配金が入ってきます。


基準価額は毎月変わりますので、上記の基準価額は目安として見てください。


3種類のどの投信も月を追うにしたがって基準価額が下落しています。


これは投信の純資産から分配金を出しているので、必然的に基準価額が下落していくという現象です。


ここ1年間の基準価額と分配金の合計の推移については、ニッセイとフィディリティはかろうじてプラスを保っています。


一方で明治安田は+13.87%と優秀な成績を示しています。


この3種類の投信の中で、一番人気があるのが明治安田ですので、その理由もこうゆうところに出ているんだと思います。


まだ初めて2ヶ月ですが、すでに二回配当を受け取っています。


毎月分配型の投信なので当たり前かもしれませんが、始めた月の8月にすぐ分配金が入ってきたときは、少し感動しました。


こんなにすぐ分配金て入ってくるんだなあと。


今のところ二ヶ月合計で、ニッセイから660円、フィディリティから217円、明治安田から755円、合計で1,632円の分配金を受け取りました!


その分配金はもちろん再投資に回しています。


これはアメリカ株と同じですね。


基準価額が伸びないので、分配金を受け取っても結局トータルで考えるとプラスマイナス0、もしくはマイナスという事になりかねませんので、リートの投信に深入りするのは危険かなあと思いつつ、明治安田の投信は今のところ成績が優秀なので、もう少し増やしてもいいかなあとも思っています。


あと直近ではeMAXIS Slim 先進国株式インデックスを買いました。


まだ418円分だけですが。。


この投信の投資方針は、『「外国株式インデックスマザーファンド」通じて、主として日本を除く世界各国の株式に投資を行い、MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)と連動する投資成果をめざす。対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し株式の実質投資比率が100%を超える場合がある。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。』とのことで、これを買うと世界中の株式に投資していることになります。


この投信は分配金はありませんが、2017年2月に設定されて以降、順調に基準価額が上昇しており、当初からは約24%上昇し、基準価額は12,381円となっています。


こちらは今後楽天カードでの積み立て投資をして、ポイントゲットと価格の上昇の一石二鳥を狙いたいと考えています。


楽天カードでの積み立ては来月からなので、スタートしたら登録しようと思います。


正直今まで楽天カードは殆ど使ったことがなかったんですが、ポイントがどんどん貯める方法がある事が分かったので、これからは必要に応じて使っていこうと思います。


今のところは楽天エディのチャージに使い始めました。


貯めたポイントで投信を購入し、それで資産が増えていくという好循環を進めていければと思います。


Jリートはインヴィンシブル投資法人を購入したんですが、これはまた別の機会に書こうと思います。


本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。


・スポンサーリンク





・スポンサーリンク





posted by たあ at 06:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
人気記事
    最近のコメント
    スポンサーリンク