2017年10月10日

宅建試験まであと5日。TAC直前予想問題第2回を解きました!

ついに宅建試験まであと5日になってしまいました。


まだまだ合格には実力が足りない気がします。


今日は夕方外出で直帰だったので、帰りにいつものドトールによって、予想問題第2回を解きました。


本当はもうすでに3回まで終わっていて、解き直しをするくらいの計画だったんですが、毎度のことながらなかなか計画通りに進まず、今日になってしまいました。


・TAC直前予想問題


採点したところ、その結果は、、、50点満点中、26点でした。
第2回の目標点は、31点と第1回より難しめだったんですが、あと5点足りませんでした。


目標点と実際の点を比べると、第1回は35点の目標に対して結果が27点で、77.1%の結果だったのが、今回は31点の目標に対して、26点だったので、83.8%の結果となり、少しではありますが、実力が上がったのかなと思いたいです。


これくらいの差は誤差の範囲かもしれませんが。。


ただ結果としてはまたあと5点足りずという事で、このあと5点を最後の5日間で1点ずつ取れるようになりたいと思います。


今回の科目別の成績としては、

 ・民法      8点/14点(7点) ※()内の数字は、合格レベルの点数
 ・法令上の制限  2点/8点(5点)
 ・宅建業法   10点/20点(13点)
 ・その他関連知識 6点/8点(6点)

でした。


民法とその他関連知識が合格点に到達しました!偶然かもしれませんが。。
一方で法令上の制限がまさかの2点・・・・
宅建業法も正解率50%の10点と厳しい結果となってしまいました。


やっぱり肝心かなめの宅建業法がまだまだです。最後の追い込みをしたいと思います。


法令上の制限も範囲が広く、まだ頭に定着していませんが、反復演習で覚えたいと思います。



・スポンサーリンク





難易度別の成績は、

 ・A 11/19(正答率57.9%) (前回正答率77.3%) 
 ・B 11/24(正答率45.8%) (前回正答率38.5%)  
 ・C  4/7  (正答率57.1%) (前回正答率0%)  
 ※A→B→Cの順に難易度が上がる。


という事で、前回よりAランクの正答率が下がり、Bランクは上がり、Cランクはたまたまかもしれませんが、前回の2問中、正解0から改善されました。

やっぱり合格は、いかにAランクを満点近くに持っていけるかという事にかかっているのかなあと思います。
まだ合格していない身で言うのも何ですが。


時間は残り少なくなってきましたが、まだまだ改善できるところは沢山ありますので、第2回の間違えたところの復習と、第3回の実施、復習をして、苦手なところを把握し、そこをできる限りつぶそうと思います。


試験まで残りあと5日となりました。
泣いても笑っても、もうすぐ終わってしまいますので、悔いの残らないように勉強し、絶対今年は合格します!


最後まで諦めずに頑張ります。
posted by たあ at 23:42| 千葉 ☀| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    最近のコメント
    スポンサーリンク bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で